top of page
Post: Blog2_Post

翻訳出版プロジェクトの現況と出版予定について

テキスト:家入祐輔(花伝社編集部、PFC)

私たちポリティカル・フィーリングス・コレクティヴ(PFC)でのクラウドファンディングが終了し、はや1年半が経過しました。 この間、私たちは、翻訳出版に向けたブラックフェミニズムに関するリサーチや、それをもとにした幾つかの記事の執筆、読書会の開催や、立教大学での登壇とその発表をもとにした寄稿、また映像上映シリーズ/プラットフォームであるノーマルスクリーンとの共同でのイベント等々、さまざまな活動をおこなってきました。コレクティヴの諸活動については、Instagram(@politicalfeel)での発信とともに、本サイト(politicalfeelings.com)に順次まとめてまいりますので、ぜひご覧いただければと思います。

 また、コレクティヴの当初からのプロジェクトであるコンバヒーリバー・コレクティヴ関連書籍“How We Get Free”とオードリ・ロード著作集それぞれの翻訳出版に向けては、現在に至るまで週1回のオンラインミーティングを続けながら、翻訳出版に向けて準備を重ねております。


 現在、“How We Get Free”は、ようやく翻訳のためのリサーチと下訳が出揃い、これから年内にかけて原稿の完成を目指して仕上げの作業を進めていく予定です。また、出版時期は来年5月前後を見込んでおります。


 あわせて、オードリ・ロード著作集についても作業を進め、少しでも早く支援者の方々のお手元に届くように取り組んでまいります。  ロード著作集に関連するコレクティヴメンバーの仕事として、西山敦子訳、アン・ボイヤー著『アンダイング:病を生きる女たちと生きのびられなかった女たちに捧ぐ抵抗の詩学』(里山社)が2023年7月に刊行されました。乳がんをめぐる著作である本書の中には、ロードの“Cancer Journals”も引用されており、関連する書籍としてまた別の機会に紹介していければと考えております。


 出版プロジェクトに関して、クラウドファンディングの支援者の方やご関心を寄せていただいている方を長らくお待たせすることになってしまい申し訳ありません。ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。ゆっくりではありますが一歩一歩、着実に準備を重ねておりますので、今しばらく見守りくださいますと幸甚に存じます。


 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

Political Feelings Collective info@politicalfeelings.com

コメント


bottom of page